バイアグラとは違う特徴のレビトラ・シアリスについて

レビトラとシアリスはともに食事の影響を受けにくいのが特徴です。
レビトラは服用前にエネルギー量が700kcal以下で脂肪分が30%以下の食事を摂っても、効果に大きな影響はありません。
シアリスは800kcalまでの食事であれば服用前に摂取できます。
レビトラにはバルデナフィルが含まれており、シアリスにはタダラフィルがが含まれています。

レビトラのジェネリック医薬品にはバリフやビリトラなどがあります。
シアリスのジェネリック医薬品にはタダリスやタダシップ、メガリスなどが存在します。
ジェネリック医薬品には、それぞれ先発医薬品と同じ成分が含まれています。

レビトラは世界で2番目に開発され、シアリスは3番目に開発されました。
バルデナフィルは即効性が大きな特徴ですが、タダラフィルは遅効性と長い持続時間が特徴です。
レビトラは空腹時に服用すると約20分で効果が現れます。
シアリスは遅効性なため効果が現れるまでに3時間ほどかかります。
いずれも食事の影響を受けにくいのが特徴ですが、空腹時に服用するとより効果的です。
レビトラは服用後約45分で血中濃度が最大になるため、性行為の1時間前に服用します。
シアリスは効果が現れるまで時間がかかるので、性行為の3時間前に服用するのが一般的です。

レビトラとシアリスには5mgと10mg、20mgの錠剤があります。
病院でED治療を行なう場合には、いずれも効果の強い10mgか20mgが使用されます。
5mgは効果が弱いためあまり使用されていません。効果の持続時間はレビトラの10mgが約5時間で20mgは約10時間です。
シアリスは10mgが20時間から24時間、20mgは30時間から36時間とされます。タダラフィルには持続時間が非常に長いという特徴があります。

バルデナフィルとタダラフィルは食事の影響を受けにくく、同じようにペニスを勃起させることができます。
しかし効果の現れ方や持続時間に大きな違いが存在します。
シアリスは持続時間が長く、20mgを使用すれば36時間にわたって効果が持続します。

ジェネリック医薬品にはどのようなものがある?

レビトラやシアリスにはインド製の安価なジェネリック医薬品が存在します。
有効成分は先発医薬品と同じですが、価格が非常に安いため人気があります。
レビトラと同じ有効成分のバルデナフィルを含むジェネリック医薬品には、バリフやビリトラなどが存在します。
シアリスと同じ有効成分のタダラフィルが含まれるジェネリック医薬品には、タダリスやタダシップ、メガリスなどがあります。
いずれもインド政府の承認を受けて製造されており、安全性も優れているのが特徴です。

レビトラは即効性があるため、短時間で強力にペニスを勃起させることができます。
一方シアリスは遅効性と長い持続時間が特徴です。
いずれも軽いめまいや頭痛、顔のほてり、消化不良などの副作用があります。
バルデナフィルは即効性があるため副作用を発症しやすく、服用者の9割以上に症状が現れます。
タダラフィルは体内でゆっくりと吸収されるので、副作用を発症しにくいのが特徴です。
実際に発症するのは服用者の3割ほどとされます。

レビトラもシアリスもペニスを勃起させる効果があります。しかし効果や副作用の現れ方に大きな違いが存在します。
インド製の安価なジェネリック医薬品にも先発医薬品と同じ有効成分が含まれているので、効果や副作用も同様です。
インドでは製法特許が認められていますが、成分特許は認められていません。
製法を変更すれば同じ有効成分を含むジェネリック医薬品を製造できるため、バリフやビリトラ、タダリスやタダシップ、メガリスなど様々な製品が存在します。

インド製のジェネリック医薬品は日本国内で未承認とされています。
利用するには個人輸入手続が必要です。未承認の医薬品の個人輸入とその代行は合法とされています。
通販サイトを利用すれば簡単にジェネリック医薬品を購入でき、費用を抑えてED治療を行なうことができます。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る