女性の不感症は女性用バイアグラで改善!

性の悩みを感じているのは男性ばかりではありません。
女性でも潤いが無く痛みを感じてしまったり、不感症であったりして、セックスを楽しむことが出来ないというケースもあります。
不感症や痛みを感じている状態では思うように楽しめませんし、パートナーとの関係にも影響がでてきてしまう事もあるでしょう。

男性の場合、勃起不全や勃起障害の場合にはED治療薬としてバイアグラなどの薬が処方されることが多いです。
ちなみに、女性用バイアグラというものもあります。
男性用のバイアグラのジェネリック医薬品を出しているインドのアジャンタファーマ社から、ラブグラという名前で出ています。

ラブグラは、男性用のバイアグラと同じシルデナフィルという成分でできているため、効果は男性用のバイアグラと同じ効能ではありますが、効き方が少し異なりす。
男性の場合には勃起力を高めるという事に効果がありますが、女性の場合には膣内の血流をよくしてうるおいが良くなります。
膣乾燥、性的刺激の減退に作用することで性感を促しオーガズムに達しやすい体質に近づくことができます。
そのため性交渉時の痛みを今まで感じていたという方でも、その違いを感じることが出来るでしょう。

女性用バイアグラを使った方の多くは効果を感じていますし、不感症でお悩みでしたら使ってみる事をお勧めします。
個人輸入としてネットでの購入が可能ですが、その際価格は各サイトによっても異なりますし、最安値を見つけて購入すると良いでしょう。
しかし、安さだけで選ぶと安全性の意味で偽物の場合もありますので要注意です。
安すぎるのはすこし不安もありますし、口コミ評判なども参考にしながら安心できるサイトを探していきましょう。

フリバンセリンというものもありますが、高い効果を求めているようでしたら女性用バイアグラのラブグラがお勧めです。
副作用が稀に出てしまう事もありますが、服用方法を守っていればそこまで心配することは無いでしょう。

ジェネリック医薬品のフリバンセリン

不感症を治すためとはいえ極力お金は使いたくない、そんな低収入の方や学生の方におすすめできる女性用バイアグラがフリバンセリンです。
不感症対策として効果的な薬であるラブグラなどと同じ効力を持ったジェネリック医薬品となっていて、類似している薬と比較しても価格が安めだという特徴も持っています。

価格が安いからといって安全性や効果の強さに影響があるなどということはありません。
ジェネリック医薬品とは特許期限が切れた元となっている薬の成分や調整量をそのままに、低価格化を実現させたという薬になっていることから、オリジナルの不感症薬より効果が劣るということがないからです。
医療の進歩と共に価格が安くなっているだけの薬なのだと捉えておき、安心して利用するといいでしょう。

フリバンセリンは病院で処方してもらうことも可能ですが、個人輸入という形で海外から無保険で購入することも出来るようになっています。
サプリメントと違いコンビニやドラッグストアなどで気軽に買えるジェネリック医薬品ではありませんが、ジェネリックという特性上たとえ個人輸入であっても大してお金がかからないといったメリットがあるのです。
たとえ同性の医師に診断してもらうのだとしても、病院で不感症の相談をするのが恥ずかしいという方にとって価格の安さは幸運だと言えるでしょう。

男性用バイアグラの中には女性が飲んでも効果を発揮するような医薬品があります。
フリバンセリンは明確に女性用バイアグラと定められていますので男性の服用は控えたほうがいいと認識しておいてください。
男女兼用のバイアグラを共用で使っていたという夫婦の方などは、身体のことを考えて男性用と女性用を個別に購入することを推奨します。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る