EDの原因4種についての紹介

勃起不全(ED)の原因は、大きく「器質性ED」「心因性ED」「混合性ED」「薬剤性ED」の4種類に分けられます。
EDの治療のためには、原因を取り除く必要があります。

まず加齢とともに生じやすくなるのが、「器質性ED」です。これは血管や神経に異常が生じることで起こるEDを指します。
勃起は脳から発せられた性的刺激が陰茎に伝わり、陰茎海綿体の動脈が拡張することで起こります。
けれども生活習慣病や加齢により血管が衰えると、陰茎海綿体の血管は十分拡張しません。
さらに脊髄損傷・脳血管障害・パーキンソン病等により神経が傷つくと、性的刺激が陰茎まで伝わりません。
このように血管・神経に何らかの異常があると、EDにつながるのです。

一方、主にストレスによって生じるのが「心因性ED」になります。
過労・睡眠不足・経済的な不安などにより、心身にストレスを抱えていると、自律神経が乱れ、性的刺激が正しく陰茎まで伝わりません。
また日ごろストレスは感じていなくても、過去に何らかのトラウマがあった場合、性的刺激が生じにくくなることがあります。

そしてEDの原因は一つだけとは限りません。
人によっては身体的な問題と心因的な問題が重なり合い、EDを発症する場合もあります。
この場合は「混合性ED」と呼ばれ、身体的な問題と心因的な問題、両方を見ていかなければなりません。

さらに服用している薬の種類によっては、「薬剤性ED」を引き起こす恐れがあります。
例えば中枢神経・末梢神経に作用する薬を服用すると、脳から性的刺激が伝わりにくくなります。
また循環器系に作用する薬の中には、血流を良くするものもあります。
勃起はある程度血液が一定の場所に留まる必要があります。あまりにも血流が良くなりすぎると勃起が起こりにくくなってしまうのです。

このようにEDには様々な原因があります。
治療の際は原因を探り、改善する必要があるため、もし症状が見られた場合には早めに治療を始めることが重要です。
なぜなら放置すると、症状が悪化する恐れがあるからです。

EDの放置が危険な理由

放置することによる具体的な症状の悪化も、それぞれの原因に基づいています。
その中でも最も危険に繋がりやすいのが「器質性ED」で、特に血管の異常が顕著に表れるものです。
「器質性ED」になると性器以外にも動脈硬化などの身体トラブルを孕んでいる可能性があり、EDはそれを示すサインとも言えます。
もし生活習慣にその原因があったとして、改善することなくサインを見逃してしまえば最悪の場合命にも関わってきます。

そして「心因性ED」は、放置すると悪循環に陥りやすいタイプです。
ただでさえEDを発症するほどの心理的負担を持っている上に、なってしまったこと自体が更なるストレスとなって積み重なり、またEDの原因となります。
自身でその連鎖を止められる場合は良いですが、不可能な時は誰かの手で止めてもらわなければなりません。

「薬剤性ED」は、EDになったとしても優先させなければいけない治療がある状況では大丈夫です。
しかし放置してしまう原因として、EDになる副作用を知らない場合があります。
薬を使用する際にしっかり確認をしないと、原因が掴めずに誤った対策を取ってしまう恐れがあります。
そして薬の使用方法をむやみに変更してしまうことは、放置よりもさらに危険です。

もちろんこれらの悪化を全て含む可能性のある「混合性ED」も放置しておくことは危険で、悪い方向へ相乗効果が働き悪化を早めたり、より深い悪影響を与えたりする恐れがあります。
原因を自身で突き止めるのは困難なことです。
自己診断による対処法が間違っていることも放置することと同等かそれ以上に良くないことなので、速やかに専門家の指示の下で正しい対処法を実行しなければなりません。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る